任意整理とは

ネットで検索すると、借金問題を扱う弁護士が多数いることがわかります。これはつまり、借金問題は合法的なやり方で整理することができるという意味です。個人でどうにもならない借金を抱えている人は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

お給料安定した収入がある場合には、弁護士からはおそらく任意整理というやり方を提示されるでしょう。借金問題を解決する際に、多くの人が選択するやり方です。このことを周囲に知られることはありませんし、家などの個人資産を失うこともありません。また、債権業者からの取立てや催促もなくなります。

この方法を依頼すると、弁護士はまず借金の総額のチェックに入ります。任意整理では、3年から最長でも5年以内に返せる金額でないと、手続きを進めることはできません。交渉に裁判所は介入しませんが、弁護士が債権業者と直接やり取りをしてくれます。

債権業者との話し合いができれば、場合によっては利息が大幅にカットされる可能性も出てきます。特に、違法な利率で契約していた場合には、法律で定める範囲の利息に変更されるでしょう。また、月々の返済額も収入に応じて無理のない金額に設定されます。

メリットの多い任意整理ですが、デメリットがないわけでもありません。借金がなくなることはないので、返済は続けなくてはいけませんしローンを組めなくなることもあります。大きな買い物の計画がある人は心得ておきましょう。