任意整理ができる人

任意整理のメリットは、利息、月々の返済額がともに少なくなる可能性があることです。毎月の返済額が多少なりとも小さくなれば、生活に余裕が出ることもあるでしょう。また、任意整理の件を周囲に知られることはありませんので、社会的に影響が出る心配は無用です。任意整理が可能な人は、迷わず弁護士に相談し、手続きをとってもらいましょう。

電卓ただ、任意整理は3年から長くても5年の間に借金が返済できる人でなければ、適応することができません。安定した収入があり、返済のめどがある程度は立つ場合でなければ、任意整理は難しいでしょう。

また、これまで一度も返済の実績がない場合も、債権会社が話し合いに応じない可能性があります。継続的に返済を続けてきて、今後も返済の見込みがある場合でしか、話し合いは難しいでしょう。

法的には、債権会社には交渉に応じる義務はありません。裁判所が介入する権限もなく、交渉は弁護士一人に任されています。会社側から突っぱねられればおしまいですが、実際には交渉に一切応じない会社というのはさほどないようです。

弁護士の力量次第でもありますから、弁護士を選ぶ際にはこれまでの実績もよく検討しておきましょう。借金問題に詳しく、サイト上にこれまでの交渉事例などがある弁護士が安心です。